相続に関するお手続き

大切なご家族やご親族を亡くされた際に必要となるお手続きです。当事務所では相続の手続きに力を入れ、複雑な案件等についても解決してきた実績がございます。司法書士・行政書士という2つの資格を活かし、多様なニーズに対応しておりますので、相続の手続きに関するお手続きはぜひ当事務所までご相談ください。


また、相続の生前対策(遺言、民事信託等)についても、当事務所では力を入れて行っております。当事務所では相続の手続きを数多くこなしていますが、複雑な案件ほど「相続の事前対策をしておけば・・・」と感じております。今までの事例をもとに、司法書士・行政書士という相続の専門家として適切なコーディネートをさせていただきますので、ぜひ相続の事前対策についても当事務所までご相談ください。

当事務所運営の相続専門サイト

「長野相続サポートナビ」について

相続に関する情報については、当事務所運営の相続専門サイト「長野相続サポートナビ」にて詳しく説明させていただいております。こちらも併せて、ぜひご覧ください。

不動産を相続により取得したとき・・・

不動産の相続登記

Created with Sketch.

相続により不動産を取得した場合、相続登記を速やかに行うことをお勧めします。

相続登記を怠っていると、高齢の相続人が亡くなってしまったり、認知症等になってしまい、手続きが煩雑になったり、進めることができなくなってしまう場合もあります。

また、不動産を売却したり担保の設定をする場合は、事前に相続登記が必要となりますので、相続登記を怠っていると、上記のような状況となり、売却、担保設定ができなくなってしまうこともあります。

当事務所では、様々な相続登記を経験しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

※相続登記の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。

預貯金等を相続により取得したとき・・・

各種遺産の名義変更

Created with Sketch.

司法書士は、不動産の名義変更だけでなく、預貯金や株式等の名義変更も行うことができるとされています。
これは、司法書士法施行規則31条において、司法書士が「他人の財産の管理・処分を行う」業務をすることができると定められているためです。


相続人の方々がお仕事等で、何度も平日に金融機関等に足を運ぶことができないという場合などには、不動産だけでなく、預貯金や株式等の名義変更についても、どうぞお気軽にご相談ください。


※各種遺産の名義変更の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。

お亡くなりになられた方の遺言が見つかったとき・・・

検認、遺言執行者の選任

Created with Sketch.

お亡くなりになられた方が「自筆の遺言書(自筆証書遺言)」を残していた場合、家庭裁判所にて遺言書の「検認」という手続きを取る必要があります。検認を行っていない自筆の遺言書は各種相続の手続きで使用することができません。

司法書士は、裁判所への書類作成業務に基づき、検認の手続きの書類作成を行うことができます。また、実際の手続きのお流れ等についてもご説明させていただいておりますので、スムーズに手続きを行うことができます。

また、遺言の内容によっては家庭裁判所にて「遺言執行者の選任」を行った方が良い場合もあります。こちらについても、当事務所にて対応いたしておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


※遺言の検認の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。


※遺言執行者の選任についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。

相続の放棄をしたいとき・・・

相続放棄

Created with Sketch.

お亡くなりになられた方の遺産について、負債等が多く、相続放棄の手続きを行いたいとお考えの方もいらっしゃると思います。「遺産(負債)を引き継がない」と相続人同士の話し合い(遺産分割協議)で決めただけでは、負債について相続放棄の効果を得ることはできません。

相続放棄を行うためには「自己のために相続の開始を知った時から3か月以内」に家庭裁判所へ所定の手続きを行うことが必要とされています。期限が厳格な手続きとなりますので、相続放棄をお考えの方は速やかに当事務所までご相談ください。


※相続放棄の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。

相続の生前対策をしたいとき・・・

遺言、民事信託

Created with Sketch.

相続の手続きを進めていると、「遺言を残しておいてくれれば・・・」と感じる場面が多くあります。残されたご家族のために、遺言を残したいと考えている場合は、ぜひ当事務所までご相談ください。

また、遺言で対応できない相続の仕方や認知症対策のために、民事信託という新しい手法が最近の法改正により可能になりました。民事信託のご相談をさせていただくこともできますので、こちらもお気軽にご相談ください。

※遺言の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。


※民事信託の詳細についてはこちら(長野相続サポートナビ)をご覧ください。

相続に関するコンテンツ

相続に関するよくある質問や情報を発信しています。
詳しくはこちらをご覧ください。